マイプロテインの魅力やセール情報などを分かりやすく紹介!

マイプロテインジーニアス

筋トレ

バーベルとダンベルならどっちを選ぶ?メリット、デメリットや効果はどちらが上なのか!

更新日:

バーベルで鍛えるかダンベルで鍛えるかって決めてる!?

僕は両方使ってるんだけど、多分よく分かっていないという人いるよね。

自宅トレーニーは多分ダンベルを使っている人が多いと思う。でも、ジムに通ってる人は当然両方使っているんだよね。

でも、どちらが効果的なのか!?という事に関しては、あまり分かっていないという人も多いと思う。

 

そこでバーベルとダンベルならどっちを選ぶかって話を書いてみるね。

 

バーベルとダンベルはどっちがおすすめ?

結論から書いてしまうとどちらがおすすめかというと、答えを出すのは難しいです!

用途によって、バーベル、ダンベルそれぞれにメリット、デメリットがあるからなんです。

 

バーベルのメリット、デメリット

僕は個人的には好きなのはバーベルです。バーベルがあれば、ベンチプレスやスクワット、デッドリフトなどができます。

いわゆるBIG3というもので大きな筋肉を目指すのなら絶対に欠かせません。

つまり大きな筋肉を鍛える、体全体を使うような種目にはバーベルが向いています。

いわゆるコンパウンド種目と呼ばれるものですね。

このようなトレーニングにはバーベルが適しており、最大のメリットと言えるでしょう。

基本的に両手を使い、多くの可動域を使ってトレーニングするので高重量を扱うことが可能!

 

逆にデメリットとしては、場所を取ることや重量が有るので置き場所に困るという事です。

もちろんバーベルだけでなく、ベンチプレスのラックやパワーラックなどは必要になります。バーベルを行うなら基本的にはジムに行くか自宅に良い設備を揃えておく必要があります。

自宅だと、ちょっと厳しいって感じですよね。また全てのセットを揃えるのがそれなりに高額になります。

 

費用的に高くつくのがバーベルとも言えますね!

 

ダンベルのメリット、デメリット

次にダンベルですが、部分を鍛えるなら最高です。しかも自宅で筋トレをできるのが最高ですね!スペースを広く取らないですし、ダンベルを1セットだけ持っていれば良いのです。

費用をかけずにトレーニングをしたいのであれば、ダンベルをおすすめします。これが最大のメリットですね。

ダンベルであればダンベルカール、ダンベルプレス、ダンベルスクワット、ダンベルデッドリフトなんかもできるし、ハンマーカールや様々な腕のトレーニングができる。上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛えるならダンベルは最高だね!

 

効果としてはバーベルほど高重量を扱うことはできませんが、ダンベルだけでもマッチョになることはできると思ってます。アイソレーション種目にはダンベルが最適です。腕の筋肉を細部まで鍛え上げたり、肩や背中も思いっきり追い込めます。

可動域がバーベルよりも大きくなるので、その分しっかりとストレッチを効かせてトレーニングを行うことができるよ!

 

デメリットとしては、やはり高重量を扱うのは難しいという事。落下させてしまったりすると危険だという事ですね。

 

まとめ

今回はバーベルとダンベルについて、比べてみた。効果を一概にどちらが上かというのは結構難しい。

僕はジムに通っているので、バーベルとダンベルを両方使って筋トレしています。結局はそれが最強なのかな!

どちらが良いというよりも用途によって使い分けするのが最強なんだよね。

 

でも、できればバーベルもダンベルも両方やってみてほしい。

そのほうが筋トレの楽しさを知ることができるからさ!

がっつりと筋トレを楽しもう!

-筋トレ

Copyright© マイプロテインジーニアス , 2018 All Rights Reserved.